白井農園


自己紹介(私が作っています)

私のりんご作り

当農園の園地は、会津盆地の南方の阿賀川上流高台に位置しています。そのため日当たりが良く、朝もやがかからず、昼夜の温度差があり、そして、果樹栽培に適している場所です。

白井農園01

平成元年から森林を切り開いて作った土地なので、はじめは大変苦労しました。(リンゴ栽培もはじめてです)

そのため、長野県や青森県など、さまざまな町の篤農家と交流を深めながら、剪定、摘果など、リンゴ栽培の技術を学んで生産技術を高めてきました。

リンゴの生命力を大切にし、それを引き出す栽培方法を常に考えて栽培しています。

おいしいリンゴを作るには

1年かけて作る植物堆肥(もみがら·おから·米ぬか·有機栽培野菜残さ)を入れて土作りを行ってきました。

また、ミネラル肥料を入れたり、剪定を研究することにより、風通しの良い木、木漏れ日の入る木にすることによって、農薬を少なくすることが可能になり、味の良い感動するリンゴになると自負しています。

どうやったら買えるの

ほとんどは、地元の生協さんやJA直売所などで販売していますが、お電話いただければ詳しい内容をご説明します。

いろいろなりんごを栽培しています

リンゴの種類と時期などは、以下のとおりです。

品種 時期 説明
さんさ 8月下旬から さわやかで、ジューシーです。
つがる 9月上旬から 甘い、独特の香りあり。
千秋(センシュウ) 9月下旬から 女性的で、果肉がきめ細かくジューシーです。
紅玉(コウギョク) 10月上旬から アップルパイなどの加工に最適です。
緋の衣(ヒノコロモ) 10月上旬から 旧会津藩士が、日本で初めて北海道で実らせたりんごです。
秋映(アキバエ) 10月中旬から 男性的で、果肉が固くてジューシーです。
ジョナゴールド 10月中旬から 酸味があり、香りもよし。
シナノゴールド 10月下旬から 酸味があり、歯ごたえがシャキシャキしてます。
こうとく 10月下旬から 蜜が沢山入るリンゴです。
王林(オウリン) 11月上旬から 甘くて、香りがあります。
サンふじ 11月中旬から りんごの王様。蜜入り良好で、香りと酸味があります。

特別栽培農産物

福島県産 りんご

農林水産省新ガイドラインによる表示
  特別栽培農産物
節減対象農薬: 福島県地域比 5割減
化学肥料(窒素成分): 福島県地域比 5割減
栽培責任者: 白井 康友
住所: 福島県会津若松市門田町一ノ堰字村西8
連絡先: 0242-27-7668
確認責任者: 白井 康大
住所: 福島県会津若松市門田町一ノ堰字村西8
連絡先: 0242-27-7668

化学合成農薬等の使用状況