Home

ホーム

お知らせ

講習会のお知らせ

  • 2019年 夏: 有機農産物の生産行程管理者及び小分け業者講習会
  • 日程: 2019年6月20日(木) − 21日(金)
  • 場所: 埼玉県さいたま市岩槻区 パルシステム岩槻センター
  • 上記講習会の詳細については、講習会のページを参照してください。

有機JAS規格及び認証の技術的基準

2018年4月1日現在の有機JAS規格及び認証の技術的基準です。


資材の適合性評価の手順書改訂

「有機農産物のJAS規格別表等資材の適合性判断基準及び手順書」が改訂されました。

この手順書は、有機農産物の日本農林規格の別表の資材を使用する場合に、その資材が適合資材であるかどうかを評価するための手順を示したものです。 使用する生産者や登録認証機関は、この手順に従って資材の適合性評価を行うことが求められています。


有機JAS資材評価協議会の資材リストを活用できます

有機JAS資材評価協議会では有機農産物の日本農林規格別表1に適合する 資材のリストを公表しています。有機中央会の認証を受けている事業者の皆さんは、掲載されている資材の利用が可能です。リストのアドレスはリンクのページに掲載されています。

なお、このリストに掲載されている資材を使用する場合、有機JAS資材評価協議会から登録事業者向けに発行されている当該資材の「登録証」の写しを必ず入手してください。その登録証をもって適合資材と判断することができます。他に詳細な書類を取り寄せての確認は必要ありません。



生産情報公表農産物のJAS規格及び認証の技術的基準

2018年4月1日現在の生産情報公表農産物のJAS規格及び認証の技術的基準です。

 ページのトップに戻る


会員の紹介

有機農産物や有機加工食品、特別栽培農産物の生産に励む有機中央会の会員を紹介します。

レンコンの有機栽培に取り組む

果樹の特別栽培

秋田県の大潟村で有機のお米の栽培に取り組んでいます

四国の香川県で有機の辛子、餡、小豆茶、黄粉などを作っています

畜産との循環、酒米にも挑戦 (有機栽培)

北海道でトマト、ミニトマト、大葉を作る (特別栽培)

自分のできる農場、やりたい農業 (有機栽培)

北海道で有機のたまねぎを作っています

千葉で有機の野菜をいっぱい作っています

 ページのトップに戻る